神経系理学療法専門部会 修部


   神経系理学療法専門部会(部会長:内田成男)

理学療法の対象として主たる領域の一つといえる脳血管障害の分野も,その概念については未だ発展を続けており,グローバルスタンダードといえるものの確立には十分到っておりません.しかしながら数十年の理学療法の歴史から紐解いてみると,多くの治療法として普及してきた概念すら,その根底に流れる考え方には共通点を見いだすまでに変化を遂げてきています.そこで今年度脳血管障害部会においては,「臨床と科学の融合」をテーマに,症例報告を軸とした研修会と,脳血管障害の理学療法における臨床的裏付けと実技に関する研修会を前期,後期と2回に渡って開催していきたいと考えております.症例報告というと,新人がその臨床教育の一環として行うものとして位置づけられがちですが,各職場の主力理学療法士がどのような視点で日常の診療を実施しているのか.聞いてみたいと思いませんか.その報告を基に様々な意見交換ができ,またその症例報告を基として次回の研修会の企画を検討したいとも考えております.職場ならびに県士会の指導的役割を担う人をターゲットに,参加型研修会を企画していきたいと考えております.しかし聴講だけでも今までにないタイプの研修会を開催していきたいと思っています.



NEW!!                    
平成26年度神経系理学療法専門部会研修会